夏場になると女性の服装がミニスカートになったりワンピースになったりと露出が増えるとどうしてもそのような服装をしている女性をちらっと見てしまう。

これは男性皆同じではないだろうか。

男性は女性の顔であったり、スタイルであったり、足であったり興味を示すのは自然なことである。

それだけ魅力がある女性と女性はおもっていいとおもう。

 

確かに中には気持ち悪いとおもうような人に見られて嫌な気分になることもあるかもしれない。

でもそれだけ魅力がなければ誰も見てくれないのである。

自分が見られてることはそれだけ魅力が自分にあると自信を持ってはどうだろうか。

もちろん外見だけで見てしまうのはあるが、人間は匂いにも敏感である。

 

特に女性がすごくいい香りの香水やシャンプーの香りをしていて、すれ違った時はおもわず振り返ってしまう。

私も今までそのようなことがあった。

 

電車に乗っているときに長身のロングヘアーの女性が私の隣の座ってきた。

その女性はすごく良い香りの香水をつけていて私は隣に座っていただきありがとうございますという気持ちになり、あまりに良い香りだったのでそれだけで間違いなく美人で綺麗な女性だなとおもってしまい見ることもできず一人で恥ずかしい気持ちになるぐらいだった。

それだけ香りは人に与える影響が大きい。

香りだけでその人の印象がついてしまうぐらいである。

 

たいていの男性は良い香りの香水をつけている女性は綺麗でエレガントなイメージを持つ。

少なくとも女性としての魅力を香水一つで男性にはなっているのである。

また私自身だけかもしれないが、香水をしている女性は清潔感を感じる。

もちろんつけすぎはマイナスである。

ちょうどよい感じが理想である。

それはすれ違ったら良い香りがするぐらいが一番ベストだとおもう。

 

香水の香りは女性の魅力を何倍も際立たせる最高の武器である。

私が特に好きな香水の香りは「シャネル」にある香水の香りである。

もちろん人それぞれ好みがあるのでそれ以外の香水もそれぞれ魅力ある香りがひとつひとつの香水にはある。

しかし私はその香水を昔の彼女がつけていた時に彼女がその日別の人かとおもうくらいにその匂いにつられて、ずっと後ろをついていたいような気分になったことがある。

それぐらい香りというのは異性をひきつける武器になるのである。

 

なのでこれから好きな男性とデートを控えている方やまだ香水は買ったことがないがほしいなとおもっている方は服はもちろん香水にこだわってみてほしい。

香水をつけていない時と香水をつけている時の男性は見るからに違うはずである。

是非そんな匂いにこだわりを持ってみてほしい。

これからのあなたが変わるはずである。