医療の発達が進んで産婦人科でも最新の技術が使われており、最近では産み分け希望の方の受診も増えてきています。

そもそも、男の子と女の子がお腹の中でどのように決まっているのかというと、精子と卵子の組み合わせで決まります。

 

精子には「X精子」「Y精子」の2種類存在します。

女性の卵子には「X」の染色体しか持っていないので男性の精子のどちらと組み合わされるかで性別が決定します。

 

つまり、「X卵子とX精子」の「XX」であれば女の子で「X卵子とY精子」の「XY」であれば男の子です。

大きくなる過程で性別が決まるわけでなく受精の時点で決まっています。

 

一見すると、2分の1の確率なので男の子が生まれる確率も高く感じますが、実際は女の子の出生率の方が高いです。

 

女性の膣内が酸性で保たれているためY精子の酸性に弱い性質では、卵子の所にたどり着く前に死んでしまいます。

これによって、Y精子が弱ってしまいX精子のみ受精することになるので男の子の妊娠は難しいのです。

 

自然に男の子を妊娠するための方法としては、排卵日前後は膣内の酸性が薄まっているとされているため比較的Y精子が残りやすいと言われています。

このタイミングを狙うと良いかと思います。

 

また産み分けグッズとして、男の子を希望する方にはグリーンゼリーという膣内をアルカリ性の環境に保つためのアイテムです。

このように新しい命を迎え入れるために様々な方法があります。何事にもタイミングがあるので焦らずにリラックスして試されてみてくださいね。