どんな食品に含まれているのかよくわからない、そもそも葉酸って何?とわからない人もいるかと思います。

タイトルにもありましたとおり、葉酸とは水溶性ビタミンでビタミンB群の1つであり、造血効果があるとされています。

 

そのため妊娠中には摂取した方が良いと言われているので、妊娠中や授乳中の女性には欠かせない栄養素とされています。

妊娠中に葉酸が不足してしまうと胎児に発生してしまう障害のリスクが高まると言われています。

 

それには二分脊椎症などの神経管閉鎖障害があります。

葉酸を多く含む食品として、ほうれん草、グリーンアスパラ、納豆などがあります。葉酸はポリグルタミン酸型とモノグルタミン酸型に分けられます。

 

多くの食品に含まれているのがポリグルタミン酸型でこれは加熱等で半分は失われてしまうので、食品から摂取するとなると沢山の食品を食べないといけなくなります。

そうなると普通の食事から推奨されている摂取量を補うのは大変であります。

 

多く含まれている食材を沢山食べても同時にビタミンAも多く含まれているため、こちらも過剰摂取してしまいます。

ビタミンAは妊娠中に過剰摂取してしまうと、赤ちゃんに先天異常を引き起こす可能性があると言われているので注意が必要です。

 

しかし不足してもいけないので、やはりどれも程よく摂取できれば良いと思います。

葉酸のサプリメントも見かけると思いますが、ネット等でもいろんな種類が出ています。

 

簡単に摂取することができるので試してみるのもいいのかなと感じました。